« 真マジンガー 衝撃!Z編 第一話 | トップページ | ヤングチャンピオン2009NO.9号発売! »

2009年4月 7日 (火)

おくりびと

なんか古くさい演出スタイルと広末涼子さんの「けがらわしい」という浮きまくったセリフに、「一体、誰が見るんだ?」とCMを見て思った「おくりびと」

ところが、評判はいいし、ついにはオスカーまでとる始末・・。

うーん、これは見ておかんとあかんか?
とレンタルにいったら、すべて貸出。
すげーぜ、アカデミー効果!

で、やっと先日、レンタル。

見ました。
や、やべえ、超号泣・・・。

尋常じゃないぐらい泣き度数高いです。
つーか、脚本の構成力素晴らしい。
構成は、ちゃんとヒーローモノの展開してます。
(いろんな複線から、最終ボスへいたる展開がパーフェクト!)

調べて驚いたんだけど、
脚本書いてる小山薫堂さんて
主に放送作家やられてる方で
「カノッサの屈辱」「料理の鉄人」「パパパパパフィー」「進ぬ!電波少年」
などを手がけているんですね。

ともかく、評価されて当然の作品ですよ。これは。

|

« 真マジンガー 衝撃!Z編 第一話 | トップページ | ヤングチャンピオン2009NO.9号発売! »

コメント

まだ見てないっす…

投稿: 住み込み | 2010年1月21日 (木) 10時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« 真マジンガー 衝撃!Z編 第一話 | トップページ | ヤングチャンピオン2009NO.9号発売! »