« 2008年 映画 ドラマ 総括 | トップページ | ティティとチビチビ »

2009年1月 3日 (土)

日本タイトル「ターミネーター4」

洋画(米映画)の不振ぶりが一段と鮮明になった2008年、なんてニュースをみたので、前のネタつながりでもう一言。

配給会社が脳改造しないとダメだと、前記事でかいたが、まさにそう思わされる出来事がいきなり登場。

「Terminator Salvation」が日本タイトル「ターミネーター4」になったみたいだ。

これはヒドイ!

「Terminator Salvation」は「ターミネーター3」の続きではなく、2から別へ進むパラレルで、新生ターミネーター3部作の一作目だと聞いている。
それなのに4とはどういうことだろうか?
それともこれは単なる噂で3の続きなわけ?

3の続きでないことを前提でいうと、こういうタイトルの付け方が、作品が打ちだそうとしている内容と異なるPRとなって、客の判断を誤らせる結果へと繋がるんだよなぁ。

4の方が売れると判断したんだろうか?売れる売れないでタイトルつけるのは重要だけど、配給会社は、客に内容に対して正しい判断をさせる宣伝をしてほしいというのが、私の願いだ。宣伝なんかも、客を映画館へ運ばせさえすれば、何やってもいいってスタンスはもうやめてほしいと思っています。

|

« 2008年 映画 ドラマ 総括 | トップページ | ティティとチビチビ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本タイトル「ターミネーター4」:

« 2008年 映画 ドラマ 総括 | トップページ | ティティとチビチビ »