« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月27日 (水)

ヤングチャンピオン08年18号8月26日(火)発売中!

おお、もう昨日発売していたよ。
今回はアイドルのDVD付きです。まだ見てないけど。
ウルフガイは今回もクロ暴走中です。

ところでこないだ「ハッピーフィート」という映画をDVDで見た。
ペンギンCGのやつ。
予備知識なしにラストに至る展開を見たから、すげードキドキしたよ。
ジャングル大帝ばりにえぐい。なんか手塚イズムをみたかんじでした。
一応ハッピーエンドだが、すげー心がえぐられたあとなんで、ハッピー感ゼロです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

ヤングチャンピオン08年17号8月12日(火)本日発売!

ついに犬神、破滅への序曲。惨劇の始まりです。
表紙は北京オリンピックに合わせてか、ローラ・チャンです。

しかし、開会式の足跡花火はやはりCGだったか。
あれだけチャン・イーモウの凄まじい演出見せられると、あれもホンモノかと思うよなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2008年8月 7日 (木)

ダークナイト

クリストファー・ノーランはバカかと。

いや、これは全身全霊をこめたいい意味でなんだけど(笑)

なんでここまでバットマンにリアリティが必要なのかと。
バットマンだぞと。
こんな荒唐無稽なバカ話に情熱と愛を人生を削って注ぎ込み、ここまでのリアリティを持たせてしまうノーラン監督は、本当に素晴らしき大バカだ!(涙)

ビギンズは好きな上であえて批判すると、チベットの山奥は微妙だったし、バットモービルでパトカー撒くとことか、水を蒸発させる謎の兵器や、モノレールとかかなり無茶してた。
でも、そりゃバットマンなんだから、そのくらいの無茶は当然許容範囲だ。
ヒーロー物にそんな文句つけても、野暮というもの。

でも、そんなとこに文句つけたくなるほど「ダークナイト」は素晴らしい。

なんつってもラーズ・アル・グールの犯罪はかなりフィクションだが、ジョーカーの犯罪は今でもやってできないことはない犯罪だ。
そのジョーカーにバットマンは超テクノロジーを使ってやっと拮抗する。
この恐ろしさはなんだろう。

なんかここまでくると、ノーラン監督なら、ロビンやバットガールというアホなコントキャラにまで真実味を与えられるかもという期待が。

それにしても、ヒース・レジャー、なんで死んじまったんだ。
哀しすぎるぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »