« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

アドレナリン

アドレナリンをガンガン出し続けていないと死ぬ毒をうたれた、やけくそな性格の殺し屋を描いた映画。

よくこの手の作品で、CMでいわれてる毒をうたれるシーンまで、かなり時間がかかるのがよくありますが、この映画、冒頭からすでにうたれてます!うたれた直後から始まります!

ものすごくテンポがいいし、映像もいいし、笑いのツボもおさえてる!

「スナッチ」とか「ラン・ローラ・ラン」とか、「処刑人」「ノッキン・オン・ザ・ヘブンズドア」とか、まーこの系のスタイリッシュなやつだと、後発になるんでつらいけど、もっと評価されてもいい作品だと思いますよ!
原題「Crank」っていうんですが、パート2の「Crank 2: High Voltage」が来年公開されるみたいです。
ネヴェルダイン監督が脚本を書いてる「Pathology」「Game」も気になりますのー。

それにしてもジェイソン・ステイサムはいいですねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

「真・女立喰師列伝」やっと見ました

折角、券いただいたのに劇場見にいけなくてすいませんでした!
辻本監督!
やっとDVD見ました!

やはり押井監督は実写には向いてないのかもしれな・・・・ゲフン、ゲフン。
い、いや、「紅い眼鏡」は好きなんですけど。

水野美紀さんにゆうこりんがよかったです!
氷苺のが撮り方とか演出力すげーと思ったけど、このままアート系にはいってほしくないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年4月25日 (金)

アイ・アム・レジェンド

今回、このブログ至上、最大のネタバレをするのでご注意を!
しかも、マイナス意見なので、この映画気に入っている人は読まないで!

というわけで本題。

地球最後の男である主人公が、ウイルスに感染して吸血鬼となった人類と闘っている。
昼間に寝てる吸血鬼を探しては、杭を打ち込み続ける毎日。
物語後半、ついに生き残りの女の人を見つける。
だが、その女の人は症状の軽い吸血鬼たちのスパイで、軽い吸血鬼は知性を持ったまま新たな人類として生存しはじめていたのだ。
吸血鬼全てを見境なく殺していた主人公は軽い吸血鬼にとって、逆に恐れられる伝説の怪物になっていた。

というのがオリジナルなんですが、そのオリジナルがもつ正邪逆転の面白さはどこへ?
後半で出てきた女の人がいつ正体をみせるのか期待してしまったよ。

ネタバレといっても、オリジナルのネタバレで、今回のは違うんです。
けれども、ここまで言ってしまうと、台無しであることは確実なので。

まー何も知らずに見ればウィルスミスの演技力や、ちょっと違ったゾンビものとして楽しめるんだけど、本来の「I AM LEGEND」を期待していたものとしてはイマイチでした。

追記:
別エンディングがあったんですね。

どうも会社の意向で劇場公開版になったそうですが、
監督は別エンディングでいきたかったそうだ。

というか、別エンディングでないと話成り立ってないっす!
改めて劇場公開版、なにをいいたかったのかさっぱしわからないっす! これは監督も納得いかなかったと思います。

別エンディングだと、一応原作の意図を踏んでいるんだなとわかりますよ。 一応、アイアムレジェンドになってます。
といっても納得した程度なのですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

紀元前・・・

「紀元前一万年」のテレビCMで男が叫んでいるのだが、
オモローーーッ!」にしか聞こえん!

しかしエメリッヒは
「スターゲート」とか「インディペンデンスデイ」とか「ゴジラ」とか「デイアフタートゥモロー」とか、とりかえしのつかないような大風呂敷広げるのが好きだよなぁ。

まー、その風呂敷をとんでもない力業でたたむとこも特徴なんだけど。

ちなみに私、「インディペンデンスデイ」はものすごく好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

ヤングチャンピオン08年10号4月22日(火)発売!

おお、もう発売か!スケジュールが遅れているのを再確認。
急がねば!
全然カンケーないのですが、「ギャグマンガ日和」最新刊9巻に載っていた
「おれは狼男」という話が面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

ヘブン顔

「あなたをヘブンに連れて行きます」と「DUEL LOVE」プロデューサーは言った(itmedia4/18)

くそう、一応業界人なのにこの用語始めて知ったぞ。

「SANON」に活かせたかもと、考えてみたが、
まー、あまり活かせそうもないな。

どちらかというと、「ウルフガイ」の方が、
黒田とか○○とか○○とか・・・・・・・・これからヘブン顔の応酬になるかもしれん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「参上」から「誕生」

裁判員参上から「誕生」に変更
現在「裁判員 参上」としている裁判員制度の広報看板を「裁判員 誕生」に変更すると発表した。「『裁判員参上』は暴走族を想起させ、センスが悪い」と野党議員が国会で指摘。(4月18日goo)

「裁判員 参上」で暴走族を連想するほうがよほどセンスがないと思うんだが。このセンスのなさは野党、致命的だぞ。
というか、「裁判員 参上」がボツになったら「裁判員 誕生」って法務省の役人はどんだけ仮面ライダー電王のファンなんだよ!
多分、「裁判員 誕生」もボツにしたら、「クライマックス裁判員」になるぞ、絶対!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月16日 (水)

男なんだろおっ!

グーズグスするなよっ!
胸のエンジンにっ 火ぃーをつーけろぉぉっ!

ということで
ロボットスーツ「HAL」量産化へ 高齢者、障害者の歩行補助に期待
個人向けのほか、病院など施設向けのレンタル用を中心に販売する方針。

ぐおおおおっ!欲しいっ!
男の、いや男の子の夢がここに!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

Battlestar Galactica(バトルスター・ギャラクティカ)

アメリカでは2003年12月8、9日に放送されたパイロット版が、日本でもかなり前にWOWOWで放送され、あまりの演出力にDVDを購入した「バトルスター・ギャラクティカ」。

いわずと知れた「宇宙空母ギャラクティカ」のリメイクなのですが、その後放映されているシリーズがいつまでたっても日本で放送されないんで、あきらめムード。
ところがついに、今年2008年1月からCSのSuper! drama TVが放送開始してくれました!やったーっ!

いまのところ10話まで見たのですが、噂以上の面白さ!
SFなんですが、人間ドラマの演出、脚本レベルが尋常じゃなく高い!
「伝説巨人イデオン」が理想的なレベルで実写化されたらこんな風であってほしい、というような夢がすでに現実になっているというようなレベル!(どういうレベルだ?)
なぜ、旧作が理想的なレベルで・・・・と言わないかというと、見てないからなんですが・・・・。

ともかく、あまりにも妥協なくハードで、しかも勝てる見込みのない逃走劇、さらに身内に敵がいるかもしれないという強烈な鬱展開のため、一般視聴者がついて来れないのではないかという不安は感じさせます。
それが、いままで放映されなかった理由かもしれませんが、いやーもったいない!もったいない!
こんなに面白いのに!

そう思っていたら、どうも来月(2008年5月)にはシーズン1のDVDが発売されるそうです!やったーっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

ちょっとウソ記事・・・

■「ポケモン」脅迫、ゲーム大会を中止

「ポケットモンスター」のカードゲーム大会を妨害する内容の手紙が主催者に届いたため、10日までに、全国3カ所で予定していた大会の中止を決めた。

カードゲーム大会の木下修支配人は「カードゲーム大会の中止は、残念としか言いようがない。主催側がやるべきだと思えば、石にかじりついてでもやるべきだ」と自粛の動きを批判。「今後、より敏感になる大会が出てくる」と影響の広がりを懸念する。

 ポケモンジャーナリストの大低狭雄さんの話 今回の問題は、数カ月ほど前からマスコミでも取り上げられてきたが、なにやら危なそうだ、という実態のないものだ。こういう形でカードゲーム大会が中止になるのは大変な問題。憂慮すべき事態だ。

 「主催者はだらしない」などといわれるが、一概にはいえないだろう。カードゲーム大会には子供達が参加しているのだ。 

 「ポケットモンスター」のカードゲーム大会は表現であり、すなわち思想だ。メッセージが偏ってはいけないとか中立であるべきだというのだろうか。根本的にカードゲームが分かっていない。

 腰の据わったカードゲーム主催者が動きだすことを期待するほかない。メディアの反応が冷えきっているのも問題だ。これほどの由々しき事態になぜもっと問題を提起しないのか。


す、すいません!
ウ、ウソ記事です。映画「靖国」の記事を元に作ったウソ記事です。
反ポケモン思想犯が社会的に認知されていたら、こうなるのかなーと思って。
「「ポケモン」脅迫、ゲーム大会を中止 」は本当ですよ。
何の意図かわかりませんが、こういうことが連鎖的に続くのは困りものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

ヤングチャンピオン08年9号4月8日(火)発売!

新月期に入った犬神明のオリジナル展開でおくる今号の「ウルフガイ」。
原作「狼の紋章」は、満月の日から始まり、新月で終わります。数ヶ月ある話のような気がしてましたが、実は15日の話。
原型になった短編「悪徳学園」の方が作中時間は長いのかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

ついに来たノーマルスーツ!

MIT、レオタードのような新型の宇宙服の開発に成功
【Technobahn 2007/7/18 15:25】マサチューセッツ工科大学は16日、レオタードのように体に密着した宇宙服「Biosuit」の開発に成功したことを発表した。

いやー、科学力すごいね。
ブカブカした宇宙服じゃないとリアリティー感じないと思ってたけど、もう少しするとモニターにブラウン管使ってたSF映画ぐらい、不自然な感じになるかもしれない。
記事元の画像では、開発の中心になってるNewman教授が宇宙服を着てポーズを決めているのですが、スタイルいいですね。メタボな教授じゃなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

「クローバーフィールド」みたよ!

早速、観ました。

す、すげぇ、ある意味、夢に描いていた理想のモンスタームービー!

で、あると同時にかなり客を選ぶ映画だなぁ。

一言でいうと素人が録画した実録モノという形式を貫き通して、それ以上のものはないので、普通の映画を観るように話やオチを期待するとガックリくるかもしれん。
いわゆる体験アトラクションというか、映画版絶体絶命都市といったところなのです。

でも、怪獣映画好きの私としてはグゥーーーー!

いままで、観たかった怪物モノのアングルをことごとくヤラれているような気がする。
あまりにすごくて笑うよ。
やはりCGはすごいです。
もうすでにCGじゃないです。

某サイトのメイキングをみると、これってロケじゃなかったのか!と驚かされます。ものすごく計算されてつくられてるなぁと。

「トランスフォーマー」「クローバーフィールド」この二作で俺の夢は実現されてしまったのかもしれない。
ちょっとショックです。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2008年4月 3日 (木)

「靖国」上映中止

ドキュメンタリー映画なんてマイケルムーアのような演出力でもないかぎり、集客力もなくスルーされる。

多分、「靖国」だって普通に上映してれば、マイナー上映館で上映されて終わりな作品でしょ。

なんか、それを上映中止ということで表現の危機として盛り上げて、宣伝費もかけずにニュースやワイドショーで取り上げてもらって、話題作りしてるようにしか見えないなぁ。

別にこの内容知らないし、どちらかというと信仰は組織化した時点で腐敗すると考えてる俺は、反靖国側といってもいいと思うんだけど、今回は「靖国」という映画が上映されないことによる表現の危機というよりは、マスコミ全体でこの映画を無理矢理盛り上げようとしてるみたいで、逆に気持ち悪い。

だいたい本当に、右翼が上映中止させようと映画館を脅したの?
っていうか、それは本当に右翼?

MMR的な考え方すると、「チベット問題」から目をそらさせて日中関係が滞りなく進むための政府の情報操作とも思ってしまうんだけど。

つーかね、俺にとっては「サウスパーク」があれだけ面白いのに日本で放送が続行されない方が、表現の危機だと思うぞ!
他にも、どうみてもつまらないいくつかの邦画作品が、テレビ局をバックにしているということから大量宣伝作戦で集客力をあげようとするのも、映画表現の危機だと思うぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »