« う、動いた。 | トップページ | 携帯がピンチだYO! »

2007年10月11日 (木)

客を泥棒と見てる

 「コピー10が運用されても、極論すればコピーワンスのディスクが10枚できるだけ。ガッカリ感も10倍ですよ」
デジタルメディア評論家の麻倉怜士氏が見直しに向けた気運が高まるコピーワンスの改訂版と目される「コピー10」の問題点を指摘した。

まー、客を泥棒と見てるかぎり、テレビ離れはどんどん進んでくんじゃない。

何が一番ヒドいかって、ハイビジョンになることでこのデメリットを受け入れなければならないのに、実際どういうことなのかは現実的には買ってみないとわからないということだ。

今までのようにビデオデッキとビデオデッキを繋げばダビング編集できるという当たり前のことが、できなくなる。このことを理解している人がどれほどいるのだろうか?入力端子がないビデオデッキってまともな商品といえるのか?

メリットだけの「もっともっと地デシ」なんて広報CMしかやってないのだから、あきれる。

しかし、なぜ私が怒っているかというと、実際ブルーレイを買ってしまっているのですよ(笑)
いやー、まさにカモ。裏切りモノ。
普及するかはかなり疑問なのですが、ビデオマニアの性で。

でも、統計とったわけではないのでわからないのですが、世の中そんなに画質にはこだわってなくて、いかに映像を手軽に扱えるかのほうが重要度が高い気がします。
テレビ業界はふんぞり返っていますが、今の新聞ようになりかねない危険性ははらんでいるとおもいます。

|

« う、動いた。 | トップページ | 携帯がピンチだYO! »

コメント

 こんにちは。

 個人的には、コピープロテクトを考えるのと同じ位、ソフトウェアの価格も考えて欲しいです。
 6千円台だと、コピープロテクト外しが横行するのも…です。

投稿: 本堂 | 2007年10月11日 (木) 15時44分

国内販売だけだと、元がとれないということをよく聞くのですが、旧作や再リリースは海外ソフトと競争できる値段にすべきだと思いますよ。
じゃないと、一般客がついてこないと思います。

投稿: たばた | 2007年10月12日 (金) 23時01分

 こんにちは。

 視聴者はテレビ局に「貴重な時間」を払っているのだけど…と思うのですけど…。

投稿: 本堂 | 2007年10月19日 (金) 17時48分

みなければいいことなので、そんなヤクザなことはいいませんが(笑)。何を心配しているかというと囲い込みばっかして、映像を遊べなくなって、人々が離れていってしまうことなんです。

投稿: たばた | 2007年10月19日 (金) 23時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客を泥棒と見てる:

» ネギま [ネギま]
ネギま [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 10時44分

» Mr.Xと平秀信・Mr.X []
Mr.Xと平秀信・Mr.X [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 12時47分

« う、動いた。 | トップページ | 携帯がピンチだYO! »