« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

メガロマンでかっ!

1177611350191以前、ふたばにあがってた特撮ヒーロー、ロボット対比表。
またあがってたよ。
メガロマンがやった時、「ウルトラマンよりメガロマン」ってキャッチコピーがあったって、余湖さんが言ってたが、確かに・・・・。1/4人形と対決する感じか。
っていうか、タロウとマンもチェホンマンと軽量級のボクサーぐらいの差があるんでないかい?あと、ジェットイカロスがこの大きさだと、ジェットホークは建設中のビルの鉄骨の間はどう考えても通れんぞ。
でも、こういうの大好き!この設定対比でスーパーロボット大戦のような特撮がみたいっす!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

コミックマスターJになる!

Snapshot_279 先日、話したセカンドライフですが、自分の姿(アバター)を着せ替えするように変えることができます。
で、うちの「豆さん堂書房」が販売しているアバターのラインナップに「コミックマスターJ」が加わりました!これでマトリックスのスミスのようにJに変身することができます。ちなみに原稿が舞っているのはデフォルトです。
他にも「アクメツ」や6月にヤングキング掲載される「トライバルズ」我々初の女性主役「トライバレット」のアバターも販売しています。セカンドライフに入れる方は是非見てください!Snapshot_098_1
Snapshot_142 それと、全然セレブな生活なんてほど遠いのに、セレブになりました。他のセレブリティな方々が凄すぎて私には場違い度MAXですが、がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月23日 (月)

セカンドライフストア

まだ俺はいったことのないセカンドライフ
そこで「J機関」の電脳アシスタントが経営する
「豆さん堂書房」というのがあるそうです。Snapshot_231_1
Snapshot_233そこでは「コミックマスターJ」も「アクメツ」も知らない方のためにフリーで立ち読み版一話分が見られるようになっているそう。あとアバターを販売しているといってました。
んで、セカンドライフというのはなんぞや?っていったら電アシに「ここでもみなはれ」とかえされた。こんど見てみます。
で、もうすでに明日はヤングチャンピオン発売日。01942
またもセンター表紙カラーです。泉谷さんのカラーがみたい人は雑誌で是非!表紙がほしのあきさんだったので、ほしのあきさんファンも是非!

| | コメント (1) | トラックバック (9)

2007年4月20日 (金)

ザ・コア

ちょうどテレビやってて、久々に観賞。
消失したブログに書いた気もするけど、
やっぱ面白いよ、この映画!

たしか、試写で評判がよかったので、本腰をいれて公開しようとシーズンを選んでたら、現実のスペースシャトル事故で、完全に公開延期。
そして実際の公開時には時期を逸して、あまりヒットしなかったという不遇の映画だった覚えがある。
(間違えてたらゴメン!)

俺もDVD発売してかなりたってから見るぐらい、全く期待してなかったんだけど、この映画ちゃんと「さらば宇宙戦艦ヤマト」イズムが表現されている。というか、「アルマゲドン」や「ローレライ」で期待していて裏切られた演出と脚本がここにあったか!という感じの作品なのです。

キャラクターがカッコイイとこみせて、やるべき事をやって死んでいく。セリフも泣かす。
王道をきちんとやってる!もしよかったら、見て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

時空がおかしい

01931もう4話か・・・
早いよ。
人生早いよ。

なんかオモチャやDVDの発売日はなかなかこないのに、〆切や雑誌の発売日だけ早い気がする。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

イ~デオ~ン

youtubeで発見
私も買いました。デカすぎだ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年4月 3日 (火)

テニミュ

ジャンクスポーツで中井美穂も
ハマっているといっていた「テニミュ」
うちのアシさんも腹抱えて笑ったという
「テニミュ」

いまさらと思われるでしょうが、
youtubeで字幕つきをみました。

爆笑!

それから何度も見返したんだけど、

なんか俺ハマってる。

ちょうどパシフィコで土日にやってたので
とりあえず足を運ぼうかと思ったほど
ハマっている。

いや、これ歌ヘタで笑うけどさ、
演出、構成、セリフ、メロディー
マジいいよ!

事実、爆笑して見れるのは良いからで、
本当にヘタだけだったら、見てらんないって。

まー実際大ヒットしてるわけだし、
わかってる人はわかってるんだろうけど
・・・・・DVD買おうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

ちょっと「電王」

メビウス最終回。
結局、いまいちだった。
脚本、演出面共にびみょー。

大筋はなるべくしてなった展開だからいいとして
特に問題なのは、命をかける緊張感がない!
いまさら生き返らすなとはいわないから、
とにかく、ミライが死をかけてる緊張感をもっと出してほしかった。

いや、すまん文句から始まって、
というのも、すごく「電王」との差を如実に感じたからなのよ。
平成ライダーの「響鬼」前半へ至る果敢なチャレンジを過ぎて、
もうライダー見なくていいか、と思っていたら、
「電王」である。
継続は力というのかウルトラと比べると演出も脚本もいい。
なんつーんだろう、ウルトラはまだクウガぐらいの
レベルで演出センスが止まってる感があるんだよね。

「電王」の内容についてちょっとふれると
人に取り憑いて勝手な解釈でその人の夢を叶えようとする
敵イマジンの設定を使って、
本当の夢とは何か、という子供らしい番組テーマを掘り下げるという
ニクいテクニックを使っている。

アギト、555、響鬼へと至るラインからはずれて、
しかも、いままで以上にライダーでないんだけど、
いまのところかなり面白いと思いますよ。
キンタロス後編はかなりウルルとしました。

(かき終えてしばらくして、罪の意識に苛まれた・・・。
メビウスの最終回を見て感動した子供がこのサイトを
見ることはまずないと思うが、
そんな子供の感動を否定する気はない!
これはあくまでもいまだに特撮を卒業できないひねたおっさんの戯言だ。)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »