« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

天地の門2 武双伝

ソニーコンピュータエンタテインメントより発売されているPSP用ソフト「天地の門」の続編として「天地の門2 武双伝」で余湖さんがキャラデザしています。
それに伴いオフィシャルサイトができました!
余湖さんがアクメツのラストらへんから七転八倒しながら描いていたものです。
なんか自分のキャラが動いてる!と感慨深げに言っておりましたよ。
CharacterのところをクリックするとTopキャラの原画がでます!

「天地の門2 武双伝」は10月19日に5040円で発売なのでよろしく。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

来年のドラえもんは

ドラえもんザ・マジック始まる
だそうです。
この話、かなり好ランキングなので
原作をいかしてちゃんとやってほしいなぁ。
変に変えようとしないでほしい。

監督・脚本になにか危険な香りがする・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006年7月26日 (水)

ラブコール

訪米中の山崎拓・自民党前副総裁は25日、ワシントンの保守系シンクタンク・ヘリテージ財団で講演した。山崎氏は北朝鮮のミサイル発射への対応について
ミサイル発射は北朝鮮の(米国への)ラブコールだと寛大に受け止め、硬軟両様の対北朝鮮姿勢に転換すべきだ」
と述べ、米側に米朝直接対話による柔軟な対応を求めた。
http://www.asahi.com/politics/update/0726/004.html

すごい愛もあったものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

エイリアスとトゥルー・コーリング

仕事をしながらエイリアスを見ていた。
まだ6話までしかみてないが、
そこまで見てトゥルーコーリングが、
なぜあれだけ面白いのに大ヒット
しなかったかがわかった。

似ている。
この二つの作品似ている。

パクリというわけではない。
あっちはタイムスリップだし、
ギミックは異なる。

しかし、父が味方なのか敵なのかわからない。
普段は学生をしている。
そのため友達の恋の相談を受けながら、
使命を遂行する忙しい二重生活。
母が謎の死をとげている。
等々、人物構成や作品が醸し出す雰囲気が
すげー似ているのだ。

これじゃ、後発はつらいよな。

まー、なんかトゥルーの続きを
見るような感じで
エイリアスを見ることにします。

DVDで第二シーズンまで出てて
AXNで現在、第三シーズンが放映中。
うう、すでに三話ほどやっちゃってるのね。
しかも第五シーズンで本国では終了。
トゥルーのような打ち切りじゃないよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

LOST第二シーズン&フィギュア

フィギュアキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
すごいね。ハッチってなんだよ、まったく。

それにしても第二シーズンがAXNでスタートしましたねー。
早速、一話目みましたが、どこへ行くつもりなのか、さっぱりわかりません。
それなのに面白いのがLOSTのすごいとこっす。

あとエイリアス見始めました。
第一話の始まり方がMI3に似てる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

シン・シティ

いや、凄い面白かった。

「いや」というのはあまり期待していなかったわけで。
予告編の映像は凄かったんだけど、
日本ではそんな興行に力入れてない気がしたし。
また、白黒なのですごい疲れそうな気もした。
さらに最近、評価が著しく暴落しているロドリゲス監督だったので、
脚本は対したことなく映像だけの作品なんじゃないか、という先入観もあった。

ところが見てびっくり、
冒頭からモノローグのセリフのうまさに目が離せなくなった。
映像がいいのはわかっていたが、
テンポとかセンスとかもすごく良くて、
「アダルト・ウルフガイ・シリーズ」
をこの映像でとるとすごい合うんじゃないかと思った。

全体的にロドリゲスっぽくない。
原作のフランク・ミラーとの共同監督らしいが、
原作の持ち味がものすごくよく出ているらしいと話を聞いて、
ロドリゲスは自分色を全面に出すのを控えたのかなと思った。

どちらかというと、三つの話がスレ違いはするが、
互いに絡み合うことはないところなんか、
構成が「パルプ・フィクション」ぽくて
ゲスト監督のタランティーノ色の方が出てるような気がした。

最後にいっておかなきゃならないのはミッキー・ローク。
メイクで誰だかわからないが、凄いいい演技をしていた。
パンチ力はどうかしらんが演技力は衰えていなかったらしい。

おまけ
ジェシカ・アルバ、かわいすぎ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

バットマン ビギンズ in GENX CORE

いや、すごいっすよ。 バットマン ビギンズ in GENX CORE
12インチアクションフィギュアで最強かもしれん。
等身の絶妙なバランスといい、顔の造形といい、中に人が入ってるような存在感がある。

また、おまけでついてるクリスチャンベールの顔もいい。
というか、なんでクールガールもこれぐらい、顔に気合いいれてくれないのかなー。

うちにあるクールガール、全部レディースミッションのリペイントした顔に変えてるし。

ともかくDCの商品だしてるタカラなので、スーパーマンでないかなーと期待しちゃいます。
いや、それより何か奇跡がおきて、スパイダーマンが出たりしないかなー。

いや、そんなことより、てっとり早いのはガンカタフィギュアだよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »