« トム・ヤム・クン | トップページ | スタートレックについて »

2006年5月18日 (木)

ゲド戦記の予告

ゲド戦記の予告がなんかすごく泣ける

俺はゲド戦記読んだことない。
だからあまり興味もなかった。

というか、最初、ジブリの新作の監督が宮崎駿氏の息子だと聞いた時は「ハチャー」と思ってたのよ。

宮崎氏の作り上げようとした共産的理想村社会が
所詮、自らの独裁でしかなりえない。
というとこまでは、納得というか、逆に好きなんだけど、

世襲かよ!北朝鮮かよ!

というのに、うわーはちゃー、と思ったのよ。

でも、ジブリの日記いろいろ読むうちに
逆にはまってる!
メイキング好きの俺の魂が震えたつほどの面白さだ。

そんなときに公開された新予告
泣ける、やばい。

とはいえ本編が全てなのでまだなんともいえませんが。

|

« トム・ヤム・クン | トップページ | スタートレックについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61932/1843808

この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記の予告:

« トム・ヤム・クン | トップページ | スタートレックについて »